> 逆転人生/動画/4月22日NHK再放送バックナンバーが無料視聴できるサイト|VOD紹介サイト
未分類

逆転人生/動画/4月22日NHK再放送バックナンバーが無料視聴できるサイト

逆転人生/動画/4月22日NHK再放送バックナンバーが無料視聴できるサイト

 

2019年4月22日22時からNHK総合で『逆転人生「劇的再会!生き別れた父と娘」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

逆転人生/動画/4月22日
 

逆転人生 2019/番組内容

 

オーストラリアで暮らすサリー・ラッドさんは、実の父親を知らずに育った。だが20歳になる直前、母から衝撃の事実を知らされる。父は真珠貝採取の潜水夫として出稼ぎに来た日本人。二人は深く愛し合っていたが、何らかの事情で父と母は離れ離れになったというのだ。実の父に会いたい。手がかりがほとんどない中、サリーさんは父親捜しを始める。そしてSNSがつないだ人の輪が、半世紀ぶりとなる親子の奇跡の再会を実現させた。

 

逆転人生/動画/4月22日 キャスト

 

【司会】山里亮太,杉浦友紀,【ゲスト】サリー・ラッド,【出演】仲宗根泉,ユージ,福島大学教授…村上雄一

 

逆転人生/動画/4月22日/バックナンバー情報

 

最近はコンビでの活動が少なくなってしまったので、今の中高生くらいのコ達は山里さんが漫才をやっている姿を見た事がないかもしれません。私は2004年のM-1グランプリで準優勝し、世間に認知される前から南海キャンディーズに注目していて、全国区になった時は本当にうれしかったです。

しずちゃんの野獣のようなボケに山ちゃんのウィットに富んだツッコミが見ていて本当に面白いです。

しずちゃんは山ちゃんの事を「気持ち悪い」「嫌い」と度々発言していますが、テレビやライブで共演する姿には信頼感を感じられ、本当は仲がいいんだろうと思われます。

そんなしずちゃんをツッコミながらも優しく見守る山ちゃんの姿を見ていると、生来の性格の良さを感じます。

芸能人、特にお笑い芸人さんは急速にブレイクすると、途端に失速して「一発屋」と言われてしまう風潮がありますが、まだまだ活躍している山ちゃんを見ると、芸の腕は勿論ですが人柄の良さも要因だと思いました。

近年はダイエットもして、かつての「気持ち悪さ」が薄れ万人受けするような容姿にもなり、その頭の回転の速さや語彙力でナレーションや司会としても活躍しています。

相方のしずちゃんが女優として活躍し、共演する機会は少なくなったかもしれませんが、また二人の面白い漫才が沢山見たいです。

山ちゃんもしずちゃんも今後の益々の活躍に期待しています。

 

まとめ

 

南海キャンディーズの山里亮太(山ちゃん)といえば、少し前まで外見上の印象からかあまり良いことを聞くことは少なかった芸人ですが、最近では外見の面も笑いに変えるセンスがあり、司会の方にイジられてもそれに乗りつつ、うまく否定して笑いに変えていて、観ている側にイジりの不快感を与えない存在になったように思います。

山ちゃんは、自身からの評価も周りからの評価でも、卑屈で妬み嫉みがすごいと度々ネタにされています。

番組上の演出ではなく、飲みに行った際の愚痴がすごいなどプライベートでの性格の悪さを暴露されていますが、あれだけ芸人として売れっ子で技術もあるのに、嫉妬したり人を陥れたいという人間らしいところが、反対に魅力に感じます。

テレビ番組を観ていると、自分の立ち位置を理解して、かっこつけて決めるわけでもなく、イジリ倒されるわけでもなく、うまく番組を回すサブ司会のような立ち位置がとても上手で、山ちゃんがいるだけで、番組が引き締まるし、返しが上手なので、奔放な司会者でも安心して観ることが出来ます。

南海キャンディーズといえば、しずちゃんと言われていた時代から、相方に対して僻んでいて、ドラマなどに出るようになったことをよく思っていなかったと語っていましたが、しずちゃんがボクシングなどで芸人としての活動が少なくなっていきました。

その間、山ちゃんは自分の芸に磨きをかけ、「南海キャンディーズの」という冠が必要なくなり、1人での仕事が軌道にのっても、しずちゃんが戻ってくる場所をずっと残していました。

妬んでいたということは事実かもしれませんが、そういった人間味があるところと、人としての器は大きく多少自分を犠牲にしても笑いに変え、人を活かしたりする相反するところが魅力だと思います。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

逆転人生4月22日動画